ラフからのアイアンショット〜その1〜

ラフからのアイアンショット

今回は、ラフからのアイアンショットを紹介したいと思います。

 

ボールがラフに入ってしまっても、あわてて打ってはいけません。

 

まずは、ライを見極める必要があります。

 

ラフは、葉、茎、根の3つに分けることができます。

 

ボールが、茎よりも上にあるか、茎まで、沈んでいるかを確認します。

 

ボールが茎より上にある場合は、
力づくで、ボールを打ってはいけません。

 

アマチュアゴルファーは、ラフにボールが入ると、
思いっきり打ちこまないと、芝に負けてしまうと考えてしまいます。

 

しかし、力づくで打ってしまうと、
ヘッドは、ボールよりもかなり手前に入り、地面に強く叩いてしまうのです。

 

当然、ヘッドは走らず、ボールは、チョロです。

 

ボールが浮いている時は、葉を切るように、シャキーンと
刈り取るように振ることが大切です。

 

ボールの約30センチ手前から、ボールの先約30センチ向こうまでを
シャキーンと刈り取るように振ると、ヘッドがスムーズに走り、ボールにクリーンヒットします。

 

ヘッドの走りを良くするために、フェースを少し開くと良いです。

 

クラブは、できるだけ軽めに握ります。
ヘッドの重さを感じながら、テイクバックは小さく、大きなフォローするをとると良いでしょう。

 

 

ボールが茎の上にある時は、シャキーンと刈り取るように打てば良いですが、

 

茎の間に入り込んでしまうと、そうはいきません。

 

このような場合は、フェースを被せて、
クラブをゆっくり上げて、ダウンスイングは、上からどーんとエクスプロージョンショットのような感じで、打ちこみます。

 

アドレス時こそクラブは、軽く握りますが、
インパクトでは、ラフに力負けしないように、しっかりとクラブを握ります。

 

アドレス時から、強く握ってしまうと、ヘッドが走らなくなってしまうので、注意して下さい。

 

非常に深いラフの時は、どうしても力みがちです。
無駄な力みが入ってしまうと、ヘッドはボールの手前に入りがちになり、飛距離が出ません。

 

そういう時は、打ちこむ時に、ボールの上を
刀で真っ二つにするような感じで打つと良いです。

 

どのクラブを使ったら良いかは、
ラフの度合いによって違いますが、

 

8番アイアンくらいまでのクラブが目安になってきます。

 

ラフが深くなればなるほど、
フェースを被せる割合が大きくなります。

 

ラフの深さとクラブの番手、フェースの被せ具合は、個人差があります。

 

普段から、ラフで素振りをして感覚をつかんでおくと良いでしょう。

当サイトから無料プレゼントのお知らせ


メールアドレス(必須)
お名前(必須)


ラフからのアイアンショット〜その1〜関連ページ

左足下がり攻略法
ラウンド中の左足下がり攻略法
つま先下がりの攻略法
ラウンド中のつま先下がり攻略法
ゴルフの傾斜攻略 左足上がり打ち上げ 残り100y
ラウンド中の左足上がりのライ、左足下がりのライ、つま先上がり、つま先下がりのライなどそれぞれの状況に応じて解説します。
ゴルフのフライヤー対策
ゴルフのラウンド時に注意しなければいけないフライヤーの対策です。
雨のゴルフに強くなる方法
雨のゴルフでスコアをしっかり出すには

HOME オンラインSHOP ゴルフ上達レンジャー 動画レッスンサイト 上達メソッド