ゴルフのアプローチの打ち方

アプローチはダフらせる感覚でOK

アプローチは、手首の無駄な動きを
必要最低限にして、肩を回転させることが大切です。

 

ゴルファーがアプローチで苦労することと言えば、
距離感だと思います。距離感を出すには、

 

ダフることがポイントです。
少し極端な言い方ですが、つまりソールをすべらせるということです。

 

アプローチのポイントは、方向性と距離感です。
この2つを向上させるために、必要となるのは、

 

右腕とシャフトの角度を維持したまま、スイングすることです。

 

手首は、極力動かさずに、
身体、特に肩の回転を意識して、スイングします。

 

すると、ヘッドが真っ直ぐに移動します。

 

スピンをかけたいがために、無理にヘッドを押し込んだり、
手首をこね回して、ヘッドスピードを上げようとすると、

 

ミスショットの原因になってしまいます。

 

ウェッジは、ロフトが大きい構造のため、
フェースにボールを乗せさえすれば、

 

勝手にスピンがかかるものなのです。

 

右腕とシャフトの角度を維持してさえすれば、
ダフっても良い感覚で、スイングしても、

 

自然とスピンが効いてくれるものです。

 

ダウンブローで、打ちたいために、
ハンドファーストが強すぎると、

 

リーディングエッジが、地面をたたきやすくなってしまいます。

 

ボールを右に置きすぎるのも、危険です。

 

右手の手首の角度をキープして、ダフらせる感覚でOKです。

当サイトから無料プレゼントのお知らせ


メールアドレス(必須)
お名前(必須)


アプローチはダフらせる感覚でOK関連ページ

アプローチでスピンかける方法@
アプローチでスピンかける方法について
アプローチでスピンかける方法A
アプローチでスピンかける方法について
アプローチでチップインバーディーを狙う
ゴルフのアプローチでチップインバーディーを狙う方法について
トッププロに学ぶ様々な状況でのアプローチ@
状況別アプローチの説明です。
トッププロに学ぶ様々な状況でのアプローチA
状況別アプローチの説明です。
目を閉じる練習法
目を閉じて、体で感じる方法
アプローチの得意な人と苦手な人の違いとは
アプローチの得意な人と苦手な人の違いとは、大きく2つの要因があった
フィニッシュがかっこいいか、かっこ悪いか
アプローチのフィニッシュについての注意点です。
片手アプローチ練習法
片手アプローチ練習でアプローチ名人

HOME オンラインSHOP ゴルフ上達レンジャー 動画レッスンサイト 上達メソッド