アプローチでスピンかける方法

アプローチでスピンをかける方法@

ダフらずに、スピンをかける
スピンアプローチ法を紹介したいと思います。

 

ポイントは、クラブの先でシュパっと擦ることです。

 

スピンをかけるためには、クラブの先っぽに、ボールをセットします。

 

先っぽに球を置くと、フェースをこねくり回して、
フェースが返ってしまうイメージが出にくくなります。

 

その結果、フェースでボールの下を擦りやすくなるため、
スピンアプローチを打ちやすくなるのです。

 

アプローチで最悪なのは、ざっくりです。

 

ダウンブローで無理に打ち込みさえしなければ、
ボールの手前から、クラブが入ったとしても、

 

ソールが滑ってくれるので、ミスにはならないのです。

 

スイートスポットを外して打つため、
飛び過ぎを防ぐ効果もあります。

 

なので、短い距離やプレッシャーのかかった場面でも、大きくスイングできるです。

 

先っぽで打つためのアドレスは、
普段より5センチくらいボール寄りに立ちます。

 

そしてややハンドアップして構えましょう。

 

フォロースルーではヘッドを真っ直ぐに出していきます。
リーディングエッジが空を向いていれば、OKです。

 

低いボールを打ちたいなら、右足寄りにボールをセットします。

 

ロフトが立って、フェースを返しやすくなるため、
低いボールが打ちやすくなります。

当サイトから無料プレゼントのお知らせ


メールアドレス(必須)
お名前(必須)


アプローチでスピンかける方法@関連ページ

アプローチでスピンかける方法A
アプローチでスピンかける方法について
アプローチはダフらせる感覚でOK
アプローチはダフらせる感覚でOK
アプローチでチップインバーディーを狙う
ゴルフのアプローチでチップインバーディーを狙う方法について
トッププロに学ぶ様々な状況でのアプローチ@
状況別アプローチの説明です。
トッププロに学ぶ様々な状況でのアプローチA
状況別アプローチの説明です。
目を閉じる練習法
目を閉じて、体で感じる方法
アプローチの得意な人と苦手な人の違いとは
アプローチの得意な人と苦手な人の違いとは、大きく2つの要因があった
フィニッシュがかっこいいか、かっこ悪いか
アプローチのフィニッシュについての注意点です。
片手アプローチ練習法
片手アプローチ練習でアプローチ名人

HOME オンラインSHOP ゴルフ上達レンジャー 動画レッスンサイト 上達メソッド