ゴルフ上達レッスンコラム

練習場は絶好調!コースは絶不調!

ある生徒さんの悩みをシェアしたいと思います。

 

私の生徒さんは、コンペに向けて練習を重ねていました。
練習場では、すばらい球を連発させ、絶好調でコンペに向かいました。

 

ところが、コンペの結果の報告を受けると驚くことにすごく悪いスコアで本人も落ち込んでいました。

 

練習場では、絶好調なのに本番になった途端、くちゃくちゃになってしまう。
誰でも、1度や2度、もしくは、もっと、、、経験することでしょう。

 

では、この原因は一体なんなのでしょうか?

 

結論から言うと

 

『練習場でも本番を想定して練習すること!』

 

これができていなかったと思います。

 

練習場のマットは多少ダフっても滑ってくれて、
ボールはそここそ飛んでいってくれます。

 

しかし、コースでダフってしまうと
かなりの飛距離ロスや方向性に狂いが生じてきてしまいます。

 

結果、こんなはずじゃないとパニックになってしまいます。

 

練習場は平らなライですが、コースで平らなライはまずありません。
練習場は、スクエアな線が引かれていますが、コースでは、自分でスクエアに立たなければいけません。
練習場のマットに真っ直ぐ構えて、真っ直ぐ打てるようになっただけで満足していてはコースではいい結果に結びつきません。

 

どのような練習が必要かといいますと、

 

『本番を想定した練習』

 

これも取り入れてください。

 

『本番を想定した練習』とは、例えば、
練習場で両端のネットはOBゾーンと考えて、ドライバーの練習をしたり、
アプローチでは、バンカーを想定してバンカーに入れないようにアプローチ練習したりします。

 

また、マット通りスタンスするのではなく、右のターゲットや、左のターゲットにもスタンスを向けてショットします。
この時、必ず後方からしっかりターゲットを定めてアドレスするようにしてください。

 

もし、次回のラウンドのコースが決まっていたらそのコースをシュミレーションして1回1回クラブを換えてラウンド練習するのもおススメです。

 

1回の練習で100球打つのなら、こういった練習を30球は取り入れることにより練習場では、絶好調なのに、コースでは絶不調ということが少なくなってきます!

 

是非、実践してみてください!(^^)!

当サイトから無料プレゼントのお知らせ


メールアドレス(必須)
お名前(必須)



HOME オンラインSHOP ゴルフ上達レンジャー 動画レッスンサイト 上達メソッド