ゴルフをメガネやサングラスをかける場合の注意点

メガネゴルファー ミスと対策A

今回は、メガネをかけたゴルファーが犯しやすいミスの
対処法について、紹介したいと思います。

 

対策@
 

バックスイングで、無理にボールを見続ける必要はない!
眼鏡越しにボールを見続けると、バックスイングが浅くなったり、
左肩が落ちやすくなるので、一時的にボールから眼を離しても構いません。

 

普段から練習をしていて、軸がしっかりしていれば、ダウンスイングでクラブは
ボールの位置に戻ってくるはずです。

 

ボールを見過ぎな方々は、大抵睨みつけるように見ていることが多いです。
ボールは、ぼーっと遠くの景色を見るように眺める感じが良いでしょう。

 

対策A

左肩が動いているかをチェックするには、帽子を使う
正面にマークが入った帽子をかぶり、鏡の前に立って、
ゆっくり素振りをします。

 

トップで、帽子のマークが右側に動いていれば、
左肩が回っていると考えてください。

 

対策B

左肩を回すには、最初から頭を右側に向ける!
バックスイングを開始する前から、頭を飛球線とは正反対の
右側に向けて、バックスイングします。

 

この方法で、両肩が回るだけでなく、水平に回すことができます。

 

対策C

両足をつけて、スイングする。
両足を閉じて、バックスイングします。
両足を閉じてバックスイングすると、体重が右足にシフトしやすくなり、
体重移動の感覚を身に付けることができ、左肩が回るようになります。

 

対策D

左足を上げて、スイングする。
ラウンド中は、斜面を利用したり、練習場では、箱を置いたりして、
左足を上げて、スイングします。体重移動の感覚を身に付けることが出来、
左肩を回すことができます。

 

メガネゴルファーは、ボールを凝視しないで、
左肩を回すことに注意を向けることが大切です。

当サイトから無料プレゼントのお知らせ


メールアドレス(必須)
お名前(必須)



HOME オンラインSHOP ゴルフ上達レンジャー 動画レッスンサイト 上達メソッド