ゴルフ上達練習法〜逆転の発想〜

ゴルフ上達練習法〜逆転の発想でうまくなるA〜

今回も、逆転の発想でうまくなるゴルフ練習法について紹介したいと思います。

練習法B グローブを外して練習する
グローブをする目的は、ゴルフクラブと手の摩擦力を高めることです。

しかし摩擦力が強くなると、フルスイングをしたいという思いに駆られ、
腕や肩に力が入ってしまいがちです。

そこで一度グローズを外してみてください。
素手でスイングしてみます。

素手でスイングすることによって、
腕とクラブに一体感ができて、肩や腕がリラックスしやすくなります。

素手でグリップする時の注意点は、中指、薬指、小指の付け根と感情線を意識して、
クラブを包み込むようにグリップします。

このような握り方をすると、リラックスして、
ヘッドスピードが上がりやすくなります。

練習法C ベースボールグリップで練習する
プロゴルファーとアマチュアゴルファーの違いは、
腕に頼っているか、もしくは身体の捻転を使っているかです。

アマチュアゴルファーは腕を意識するあまり、
身体が捻れていないのです。

上体の捻転を意識できる練習が、へそを回す感じでスイングすることです。

へそを中心にして、バックスイングで上体を右側に捻ります。
ダウンスイングでへそがボールの正面に戻ってきたとき、
両肩を左側に回していきます。

その時に上半身と下半身の捻転が生まれます。

へそを中心に身体を回転することによって、一定の軌道をかくようになります。

当サイトから無料プレゼントのお知らせ


メールアドレス(必須)
お名前(必須)



HOME オンラインSHOP ゴルフ上達レンジャー 動画レッスンサイト 上達メソッド