ゴルフスイングを安定させる練習方法

ゴルフスイングを安定させる練習方法

今回は、スイングを安定させる方法について紹介したいと思います。

 

スイングを安定させるには、手打ちを防ぐことが大切です。

 

手打ちを防ぐためには、ボールを挟んで素振りをすると良いです。
両腕にボールを挟んで、バックスイングしようとしても、腕は簡単に上がりません。

 

身体と腕を一体にしたまま、スイングをすることができます。

 

ボールを挟むことによって、上体の動きが制限されます。

 

すると、下半身の動きを使うことになります。

 

下半身の動きが中心になれば、スイングが安定して、
引っかけやスライスの心配はなくなります。

 

目を閉じて、スイングしてみてください!

 

身体の動きやクラブの動きを身体で感じることが出来て、
スイングを身体で覚えることができます。

 

次に左打ちの練習です。

 

ゴルフは、右利きの場合、右側へバックスイングし
左側へダウンスイングする偏った動きです。

 

左用のクラブで、左打ちを練習することによって、
身体の偏った動きを矯正することができます。

 

また普段慣れない左打ちをすることによって、
右打ちだったら自然にできるアドレス、グリップ、
体重移動、スイングといった基本的な動きを確認する練習になります。

 

普段なら気にしない動きを再確認することができます。

当サイトから無料プレゼントのお知らせ


メールアドレス(必須)
お名前(必須)



HOME オンラインSHOP ゴルフ上達レンジャー 動画レッスンサイト 上達メソッド