女子プロのゴルフで学ぶショットの工夫

女子プロのゴルフで学ぶショットの工夫B

今回は、アマチュアゴルファーに真似できる
女子プロのショットテクニックその3を紹介したいと思います。

 

シチュエーションD

フェアウェイが狭いホールでのティショットです。

 

しっかりラインを出すために、
クラブを短めに持って、パンチショット感覚で、打つことがポイントです。

 

クラブは、指2本分くらい短く持ちます。

 

フォロースルーは、いつものように、肩に触るまで、振るのではなく、
その1歩手前で止める感じだと、パンチショットのようになります。

 

シチュエーションE

アゲインストでのティショットです。

 

アゲインストで距離を稼ぐ秘訣は、低いボールを打つことです。

 

低いボールを打つためのポイントは、ティを普段より
低くセットすることです。5ミリくらいが良いと思います。

 

スイングは、アッパーブローではなく、
フォロースルーを低く長くする感覚で、スイングしてください。

 

 

アッパーブローだと、打ち出し角が大きくなって、
球が上がりやすくなってしまうので、注意して下さい。

 

インパクトで、ハンドファーストを意識すると、
低く長いフォロースルーが、取りやすくなります。

当サイトから無料プレゼントのお知らせ


メールアドレス(必須)
お名前(必須)



HOME オンラインSHOP ゴルフ上達レンジャー 動画レッスンサイト 上達メソッド